Diablo3: パッチ2.0.1から一週間後の印象

昨晩は定期メンテナンスということで、アジアサーバーにてデーモンハンターでプレイしました。
アジアサーバーも、USサーバーと同じバージョンとなり、ログインしてみると、パラゴンレベル48くらいのボーナスが届いていました。しかし、4種類のカテゴリーに割り振るので各カテゴリーは12ポイントくらい。
また、アジアサーバーではデーモンハンターにナターリャ Helm, Cloak, Boots 3点セットと、Calamity, Deadman’s Legacy という構成でメンテナンスの日にだけプレイしていたので、正直なところ大したことないキャラです。DPSは100kちょっと、装甲は薄いし、レジストも400程度と弱い。幸い、MF38%のaccount bound Amulet を身につけていたので、アイテムにMFが付かなくなった現時点でも、MFが0のUSサーバーDHとは違います。
逆に、USサーバーキャラのようにチューンナップ(したつもりだった)アイテムとのしがらみが無くて、ドロップしたアイテムが良ければ即、身につけられるのがいいところかも。

USサーバーでも感じたことですが、パラゴンレベルによるMFのボーナスが無くなったことで、少しでもMagicFindがついていると、全く0の場合と比べてかなりいいアイテムがドロップする気がします。パーティープレイになると更に。MF500%で回っていた頃と比べたらドロップ数は遙かに少ないのですけどね。レジェンダリーとレアにVitがたくさん(200 over, 300 overと)付いたアイテムがゴロゴロ落ちます。運良く、これにAllレジなんか付いてくれればかなりありがたい。

Torment I のパブゲームでプレイしていたところ、そして運良く、30分くらいプレイしたところで、レジェンダリーショルダー(Spaulders of Zakara、装備すると全装備に破壊不能属性が付き、死んでも修理代が掛からないありがたいもの)とレアリングに比較的うれしいパラメーター構成のものが落ちてくれました。

spaulders_of_zakara

Spaulders of Zakara

おかげでライフが一気に2万くらい上昇!6万オーバーになりました。これはこれでありがたいのですが、こうなるとライフを犠牲にして、DPSとレジストが上昇するアイテムと交換することが出来ます。
なんだかんだと、Strashに保存されていたもの、今回のチームランで拾ったも、自身のレベルアップで、DPSが130k, レジストがAll 500くらい、ライフが5万くらいのDHが出来上がりました。

まあ、このDHは週に一度くらいしか使わないからどうでもいいのですが、USサーバーのキャラクターへの応用として、

  1. 旧アイテムの良いモノにこだわらない。
  2. 一時的にて低難易度のゲーム(Master, T1くらい)に参加し、MFを50%以上に上げて何時間かランする。可能であればMF100%くらいを試す。
  3. 難易度を下げても比較的良いアイテムは十分ドロップするので、楽なところでたくさん回ってみる。
  4. Lifeが大幅に上昇し、DPSがあまり低下しないアイテムがドロップすれば、試しに2,3部位を替えてみる。
  5. そのあとで、Lifeが若干下がるがDPSが大幅に上昇するアイテムと交換してみる。

パッチ2.0.1になってから大量の未知のレジェンダリーアイテムに出会うため、まずは経験値よりもたくさんドロップさせる方を優先する方が得なように思えてきました。まあ、USサーバーのパラゴンは177でアジアサーバーの54とは大きなレベル差がありますから、USサーバーでうまく行くかどうかわかりませんが、明日の夜にでも試してみたいと思っています。

ちなみに、アジアサーバー、パブゲームを3回ほど回りましたけど、相変わらず、何の会話もなしで出入りの激しいゲームでした。そもそもキャラクター名がアルファベットじゃないから、チャットする気にもならない。

コメントを残す